開催日時・場所

年会:2020年11月27日(金)
プレカンファレンス:11月24日(火)~26日(木)
オンラインEにて開催、事前登録された方には11月16日に接続linkを送付します。

参加費

参加費:無料
本研究会へのご参加は必ず事前登録をお願いします。
参加登録締め切り予定日:11月6日

タイムスケジュール予定

2種類の形式で用意しています。
どちらも同じ内容です。環境により見やすい方をご利用ください。
 
  1. スケジュール表 PDFファイル(別ウィンドウで開きます)
  2. スケジュール表 HTML表示(別ウィンドウで開きます)
 

全体講演

1 抗体エンジニアリング技術を活用した抗体創薬
CEO, Chugai Pharmabody Research Pte. Ltd.
井川智之
2 MPS (microphysiological system)への期待と現状
産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門
ステムセルバイオテクノロジー研究グループ 上席主任研究員
金森 敏幸

WS(Workshop)/SIG(Special Interest Group)5テーマ

1 WS: iPS細胞の利用 疾患特異的iPS細胞の利用の課題(11月26日)
2 WS: オートメーション(11月27日)
3 WS: Biophysical相互作用解析(11月27日)
4 SIG: HCSへの導入が期待される最新イメージング技術(11月27日)
5 SIG: High-Throughput Mass Spectrometry(HT-MS)の 最新情報と実例による議論(11月25日)

注記

チャタムハウスルール
Chatham House Rule

・チャタムハウスルールを適用する旨の宣言の下に運営される会議においては、当該会議で得られた情報を利用できるが、その情報の発言者やその他の参加者の身元および所属に関して秘匿する(明示的にも黙示的にも明かにしない)義務を負うというルール。
(Wikipediaより)

・本研究会では、チャタムハウスルールを適用致します。
・企業秘密を話して下さいという意味では決してありません。
・企業秘密に触れない範囲で、出来る限りの情報交換、意見交換など活発なディスカッ ションをして欲しいということです