研究会、結果報告

WS結果報告

アンケート集計結果

全体講演

1. 抗腫瘍剤ロミデプシンの発見ストーリー

2. マイクロチップを利用したデジタルバイオ分析技術

3. 選択的オートファジーを活用する細胞内標的分解手法

講演要旨一覧

WS(Workshop)内容

1. WS: Targeted Protein Degradation

2. WS: 化合物管理 ~外部委託と内製の理想的なバランス~

3. WS: スクリーニングフロー構築 ~目指すヒットを選抜するために~

4. WS: オートメーションシステム

5. WS: ハイスループット質量分析 ~装置の進歩と活用の拡がり~

6. WS: Phenotypic drug discoveryの進展と課題
 ~iPS細胞を含めた疾患表現型アッセイ系構築とターゲット同定戦略~

7. WS: 物理化学的な相互作用解析

8. WS: HCSのワークフローをデザインする 〜サンプル作製から統計解析まで〜

WS内容詳細

SIG(Special Interest Group)内容 (11月25日午後開催)

1. Phenotype創薬におけるHCS活用ってどこまで進んでいますか?

2. HT-ADMET

SIG内容詳細