第10回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

How CETSA® enables drug discovery from target validation to candidate drug

 

Michael Dabrowski, Ph.D, CEO, Pelago Bioscience AB

 

Target engagement is a fundamental paradigm in drug discovery. A significant portion of projects fail to reach the clinic due to insufficient interaction with the intended target in a more complex environment. This obstacle is removed when applying the Cellular Thermal Shift Assay (CETSA) technology to measure target engagement in various physiological relevant matrices, such as tissues, intact cells or lysates. It is increasingly common to apply CETSA assays for SAR studies and lead optimization. With the introduction of the Alpha CETSA suite of assays the throughput has increased while the costs have been significantly reduced. Access to the CETSA technology is facilitated through the collaboration between Perkin Elmer and Pelago Bioscience.

 

In this seminar Michael Dabrowski will explain and illustrate the use of the CETSA technology through a number of case studies with the perspective of a screening and assay development scientist.

 

CETSA®がターゲットバリデーションから薬候補までの創薬に対し如何に有効か

 

Michael Dabrowski, Ph.D, CEO, Pelago Bioscience AB

 

ターゲットエンゲージメントは、創薬における根本的パラダイムである。創薬プロジェクトの大部分は、生体という複雑な環境下、意図したターゲットとの不十分な相互作用のために、開発ステージ後半に到達することが困難である。この問題は、細胞ベースのサーマルシフトアッセイ(CETSA)テクノロジーを用い、組織、インタクト細胞、細胞ライセートなどの”physiological relevant”なサンプルにおけるターゲットエンゲージメントを測定することによって、解決される可能性がある。最近では、SAR研究とリード最適化に対するCETSAアッセイの適用が増し、一般的になってきた。一連のAlpha CETSAアッセイの導入によって、スループットが向上し、コストは大幅に削減されている。このCETSAテクノロジーの一般化は、PerkinElmerとPelago Bioscienceのコラボレーションによって、より促進されることになる。

 

このセミナーでは、Michael Dabrowskiが、アッセイ系構築・スクリーニング研究者であった経験・視点に基づき、多数のケーススタディを通じて、CETSAテクノロジーの実施について説明する。