第10回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

本WS用事前アンケートファイルダウンロード
WS12_beyond 2020_questionnaire.docx
(ダウンロードできない場合は、右クリックから保存をお試しください)
事前アンケートは各WS紹介ページからダウンロード可能です。ダウンロード後、記入して参加登録時に登録フォームより添付してお送りください。事前アンケートの回答が参加の必須要件です。
事前アンケートが添付送信されていない場合は参加登録が完了しません。

ワークショップ名

2020年以降の低分子創薬戦略
Small Molecule Drug Discovery beyond 2020

 

ファシリテーター

神山 務 田辺三菱製薬
Tsutomu Kamiyama Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation

佐藤 秀樹 中外医科学研究所
Hideki Sato Chugai Research Institute for Medical Science Inc.

 

対象者

参加可能人数40名まで

  • HTS経験10年以上
  • 組織のスクリーニング戦略に意見を反映できる方
  • CROの責任者などは歓迎
  • 過去に本WSに参加されていない方歓迎

 

要旨

新規モダリティーが注目される中、低分子創薬は今のままでは埋没する危機に面している。早期創薬に対する内外の環境が劇的に変化する中、近い将来に向けて、我々はそれらの変化を事前に予測し、前向きで積極的な対応を取る必要があると考えられる。本WSでは、pre-competitiveな早期創薬において、企業間連携、CRO活用等のアライアンスを通してオールジャパン創薬の実現に向けた提案ができるよう議論をしたい。

WSの進め方の概要

  • アンケートに基づいて、小グループに分けて、同じテーマに関して議論し、その後全体討論をする。
  • 最低2テーマ、可能であれば4テーマ議論し、それぞれに十分な時間を取りたい。