第10回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

本WS用事前アンケートファイルダウンロード
WS3_Manage Library_questionnaire.xlsx
(ダウンロードできない場合は、右クリックから保存をお試しください)
事前アンケートは各WS紹介ページからダウンロード可能です。ダウンロード後、記入して参加登録時に登録フォームより添付してお送りください。事前アンケートの回答が参加の必須要件です。
事前アンケートが添付送信されていない場合は参加登録が完了しません。

ワークショップ名

小・中規模での効果的な化合物管理
How to Manage Library Samples Effectively at Small- to Middle-Scale

 

ファシリテーター

杏林製薬 高土居 雅法
Kyorin Pharmaceutical Masanori Takadoi 

大正製薬 島崎 由紀
Taisho Pharmaceutical Yuki Shimazaki

第一三共RDノバーレ 西村 悟嗣
Daiichi Sankyo RD Novare Satoshi Nishimura

 

対象者

参加可能人数20人程度まで

メンバー構成小~中規模の化合物管理業務に携わっている、あるいは直近に携わる予定の方

経験未経験・初心者の方も大歓迎です

 

要旨

小~中規模の化合物管理において、自動化・ミニチュア化が進んでもなお、手間のかかる業務は少なくありません。原末化合物のマニュアル管理、溶液化合物をµLオーダー以上の取り扱いでお困りの課題を持ち寄り、情報の共有を図って効果的な解決方法を皆で考えましょう。

  • 検体の品質に関する課題
  • 作業効率化に関する課題
  • 機器一般に関する課題
  • ITシステム(検体管理システムなど)に関する課題
  • その他  

3~4グループでグループディスカッションを行います。途中メンバーを入れ替え、多くの方との交流が図れるように予定しています。各ディスカッションの最後には、ファシリテーターが各々1分程度でラップアップを行います。  アンケートは記名式とし、当日議論したい課題を2つ以上挙げていただきます。アンケート結果は、グループ分けの参考とさせていただきます(ファシリテーターおよび事務局メンバーのみに開示いたします)。