第11回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

分子間相互作用解析装置OCTETおよび高速フローサイトメーターiQue3によるHTS

 

要旨

分子間相互作用解析装置OCTETは、高いスループット、多様なサンプルの測定、直感的な操作を可能にする製品です。16チャネル同時のサンプル計測により、384ウェルプレート中の低分子や抗体サンプルに対して、結合スクリーニング・親和性測定をハイスループットに行います。装置はマイクロ流路を使用していないため、凝集性のあるサンプルの測定なども可能です。独立式でシングルユースも可能なセンサーは溶媒に対する高い耐性も備えており、多様な測定条件の検討を簡単に行うことができます。

iQue3はスクリーニング解析に最適化された超高速のフローサイトメーター(アナライザー)です。高速かつ微量の測定を得意としており、96ウェルのサンプリングを最短5分で完了し、必要なサンプル液量はわずか10 µL(サンプリング量は2 µL)です。通常のフローサイトメーターには搭載されていない、スクリーニング解析に適した機能を有するソフトウェアを搭載しています。このソフトウェアは、下流の解析までを一気通貫に自動で実行することが可能で、解析結果のグラフは自動で作成されます。通常のハイコンテンツスクリーニングでは対応が難しい、浮遊系の細胞を対象とした低分子化合物のスクリーニングにも適用可能です。iQueでの解析に最適化されたT細胞アッセイ用の専用のキットも取り扱っており、例えば、T細胞を活性化する低分子化合物のスクリーニングを目的として利用されています。
このセミナーでは、OCTETおよびiQue3の特徴と、HTSに向けたアプリケーションをご紹介いたします。