第11回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

統合型HTSプラットフォーム(Phenotypic screening) & MSによるTarget based screening)

 

【概要】

アクセリードは日本の製薬業界初の創薬ソリューションプロバイダーです。製薬企業で長年培った豊富な技術や知識、経験を基に医薬品探索研究から臨床開発への橋渡しプロセスまで、ワンストップのサービスを提供いたします。

本講演では、アクセリードが提供するスクリーニングサービスの中で、特にPhenotypic screening(iPS分化細胞、ハイコンテントスクリーニング、アノーテーションライブラリー、ターゲットデコンボリューション手法)および質量分析計を用いたTarget based screening(Rapidfire-MSのHTS適応、RNA標的薬)についてCapabilityと実例をご紹介いたします。

細胞系での化合物探索をご検討されている方、MSを用いたHTSで課題を抱えている方、是非、ご視聴ください。