第10回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

Dotmatics 5.4 -Studies Ultra- 統合型次世代HTSスクリーニングシステムの紹介

Dotmatics 5.4 -Studies Ultra- 統合型次世代HTSスクリーニングシステムの紹介

講演者

ドットマティクス株式会社 
アプリケーションサイエンティスト
ゾルト・レプ

ドットマティクス株式会社 
カントリーマネージャー 
福山 隆

 

内容

スクリーニング実験を実施し、化合物データと合わせて評価するまでのワークフローは、非常に多様でデータ集約的かつ多面的なプロセスとなっています。さらに今日の研究プロジェクトでは、それらのプロセスがしばしば国境を越えるだけではなく、研究機関の共同ネットワークを通じて実施されることが増えています。

過去においては、各々のプロセスで発生する研究データの管理・解析に所謂「ベスト・イン・クラス」のソリューションを使用することが常識でした。多くの場合、これらのシステムはさまざまなベンダーから提供されていました。その結果、多くの研究組織のデータが、アクセスおよび結合が難しいサイロ化されたデータベースで保持されていました。

ドットマティクス製品は、これらの問題に対処し、オンプレミス環境でもクラウド環境でも低分子および生体分子の登録および在庫管理、実験データの管理、スクリーニングデータ分析および視覚化からマルチスクリーニング・ヒット・プロファイリングまでのスクリーニングワークフローのあらゆる段階でのニーズを満たすシームレスに統合されたインフォマティクスソリューションを提供することを目的としています。

Dotmatics 5.4バージョンでは、BMS社やAbbVie社の超大型HTSキャンペーンをサポートするために、スクリーニングモジュールを新たに開発し、次世代スクリーニング技術(APC、TSAなど)をサポートしています。その他各種プレートフォーマット(96ウェル,384ウェル,1536ウェル)もサポートしています。

私たちのセミナーでは、シームレスに統合された各種ソフトウェアアプリケーションが、実験全体の意思決定に必要な時間を大幅に短縮する方法について概要を説明します。