第10回スクリーニング学研究会は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

本WS用事前アンケートファイルダウンロード
WS4_iPS_questionnaire.xlsx
(ダウンロードできない場合は、右クリックから保存をお試しください)
事前アンケートは各WS紹介ページからダウンロード可能です。ダウンロード後、記入して参加登録時に登録フォームより添付してお送りください。事前アンケートの回答が参加の必須要件です。
事前アンケートが添付送信されていない場合は参加登録が完了しません。

ワークショップ名

iPS細胞の利用 -iPS細胞を利用した創薬の未来を語ろう-
Drug discovery using iPS Cells. –Let’s Talk about our vision –

 

ファシリテーター

太田 章 (京都大学iPS細胞研究所)
Akira Ohta, CiRA, Kyoto University

関野祐子 (東京大学大学院薬学系研究科)
Yuko Sekino, Grad Sch Pharm Sci U Tokyo

武本 浩 (東京大学大学院薬学系研究科)
Hiroshi Takemoto, Grad Sch Pharm Sci U Tokyo/Shionogi & Co.. Ltd.

 

対象者

参加可能人数30人

メンバー構成ベンダーは参加不可

経験経験は問わない

iPS細胞を用いた創薬に興味のある方

要旨

iPS細胞を用いた創薬の成功事例として、昨年医師主導治験に入った事例を2題講演していただき、講演者を交えて参加者とiPS創薬の課題と解決策についてディスカッションします。

  1. 進め方
    講演1題(30分)
    • 疾患iPS細胞を使って選抜した薬物でALSの医師主導治験に進んでいる
      慶応大学医学部 石川先生(岡野研)
    ディスカッション(60分)
    • 4つの課題、その解決策について、講演いただいた先生とグループディスカッションする
    • 4つのグループ、 iPS細胞&分化系で2つ、評価項目&病態反映度で2つ
    クロージング(30分)
    各グループでトピックを紹介
     
  2. 課題と解決策をディスカッション
    • iPS細胞自体の課題(株の選抜、維持、ゲノム編集、コントロール細胞、など)
    • 分化系(分化系の選択、再現性、分化日数、など)
    • 評価項目(フェノタイプの選択、効率的な評価、など)
    • 病態の反映度(成熟度、フェノタイプの選択、など)